研究・教育活動

教育活動

photo02

本薬用植物園は薬学部の付随施設であるが、北里大学全学部の教職員、学生は勿論のこと広く地域社会の人々が憩いの場として利用できる「開かれた薬用植物園」を目指している。神奈川県内には植物関連施設が少なく、本園は博物館相当施設に指定されているため、見学を希望する一般市民、病院外来患者、植物愛好者の団体など年々増加している。いずれも学生の教育に支障のない限り許可し、希望を満たすことにしている。

学生への教育面では、薬学部1年生の薬用植物学をはじめ生物学実習指導に当る一方、卒業研究指導も行っている。また、生薬研究会や生物部などの学生のクラブ活動に対しても積極的な援助に努めている。
また、近年本薬用植物園が薬学部一年生のクラス担当をも務めており、これから薬学への道に進んでいく学生の大事な初年度のサポートを担っている。
さらに全学の教職員、学生の来訪には適宜応ずるほか、キャンパス内の大学病院入院患者のリハビリテーションの場としても利用されている。

薬用植物学

薬学部一年生の授業:薬用植物学について

2015年度シラバス

1999度より、首都圏西部大学単位互換協定に基づく単位互換の授業が始まりました。本薬用植物園の担当している薬用植物学もそれに該当しています。
首都圏西部大学単位互換協定に関するお問い合わせは下記までお願いします。

お問い合わせ先

首都圏西部大学単位互換協定会事務局 北里大学学事部
〒228-8555 神奈川県相模原市北里1-15-1 TEL : 042-778-9750 FAX : 042-778-9761

  • btn_url
  • btn_mail

クラス担任

薬学部附属薬用植物園 准教授 福田 達男

「漢方薬・生薬認定薬剤師」講座

「漢方薬・生薬認定薬剤師」講座の研修について

平成12年4月より開始された、日本生薬学会と日本薬剤師研修センターの協力の元に 開始された「漢方薬・生薬認定薬剤師」制度の実地研修施設に指定され、既に平成12、13、14年に各春1回、秋1回、計6回の延べ約40名の方が研修を受けています。 いわゆる薬剤師の生涯教育で、既に薬剤師の資格を得て、活躍されている薬剤師に漢方薬や生薬のスペシャリストになっていただこうという制度です。本園で研修される 薬剤師は本学の出身者(長野県や群馬県など遠方からもいらっしゃいます)か、本園 のある神奈川県相模原周辺にお住まいの方々が主です。全国の研修施設の中でも1、2を争う多数の研修希望者を受入れています。


参考:「薬用植物学」2015年度シラバス

科目名 薬用植物学 (Medicinal Botany)
科目概要 1年前期 必修 講義 1単位
担当者 小林義典(生薬学・教授)※
福田達男(薬用植物園・准教授)
石川 寛(薬用植物園・助教)
(※は責任者)
開講日等 全クラス:毎週金曜日 4時限 LI-63教室
教育目標 医薬品の原料となる植物、漢方薬に使用される生薬の基原植物、医薬品開発のリード化合物となった植物成分を含有する植物等について、基本的性質を理解するために、それらの分類、形態、含有成分、生理活性、歴史的背景などについての基本知識、および医薬学分野における役割について習得する。
講義内容
No. 講義項目 担当者 到達目標
1 薬用植物とは何か(1) 福田 一般的な植物の系統分類や命名法について概説できる。
2 薬用植物とは何か(2) 福田 ケシ・アサ及び麻薬原料植物について概説できる。
3 生薬の同定と品質評価(1) 福田 代表的な薬用植物の形態とそれに基づく識別について概説できる。
4 生薬の同定と品質評価(2) 福田 代表的な薬用植物の同定と品質評価について概説できる。
5 植物からの医薬品開発 小林 植物から単離された医薬品を列挙し、代表的なものについて概説できる。(アヘンアルカロイド、カフェイン)
6 薬物と食物と毒物 小林 薬物と食物と毒物の違いについて、例示して概説できる。(アリシン、コカイン、バッカクアルカロイド)
7 瀉下作用を有する植物成分 小林 瀉下作用を有する植物とその成分について概説できる。(エモジン、レイン、センノシド、ヒマシ油、樹脂配糖体)
8 自律神経に作用する植物成分 小林 自律神経系に作用する植物成分について概説できる。(エフェドリン、レセルピン、ヨヒンビン、 ニコチン、ムスカリン、アトロピン、ピロカルピン、フィゾスチグミン)
9 生薬、漢方薬 石川 代表的な生薬と漢方薬について概説できる。
10 伝統薬と医薬品 小林 伝統薬から開発された医薬品を例示して概説できる。(キニーネ、ストリキニーネ、カプサイシン、ジギトキシン)
11 矢毒と薬 小林 矢毒から開発された医薬品を例示して概説できる。(ストロファンチン、ツボクラリン、アコニチン)
12 植物成分由来の合成新薬 小林 植物成分をリード化合物として開発された代表的な合成新薬について概説できる。(アスピリン、ワルファリン、トラニラスト、クロモグリク酸ナトリウム、タキソール、エトポシド、イリノテカン、ビンカアルカロイド)
13 生薬の性状と植物の器官,組織(1) 石川 全形生薬の性状について植物の器官、組織の観点から例示して概説できる。
14 生薬の性状と植物の器官,組織(2) 石川 粉末生薬の性状について植物の器官、組織の観点から例示して概説できる。
15 薬用植物園観察実習 石川 生薬の基原植物について概説できる。(少人数制で実施する。日程は別途、講義中に連絡する。)
評価方法
出席、小テスト、課題および期末試験を総合的に評価する。
教科書・参考書
書名 著者、編者 発行所
教科書 パートナー生薬学 竹谷孝一・鳥居塚和生編(著, 小林義典 他) 廣川書店
参考書 天然医薬資源学 吉川 孝文 他 廣川書店
スタンダード薬学シリーズ3
化学系薬学Ⅲ.
自然が生み出す薬物
日本薬学会編 東京化学同人
カラーグラフィック 滝戸 道夫 他 廣川書店