この植物園について

はじめに

「新たな薬用植物園に」15代目園長 小林 義典(2013年4月~)

photo01薬学部附属薬用植物園は1965年7月に福島県二本松市の大学実習所内に開設されたのに始まり、相模原キャンパスには1972年には薬学部附属施設として設置されております。その後、薬用植物園は歴代園長や教職員のご努力で、国内指折りの薬用植物園に育ってきましたが、さらに、2011年に大学病院新病院建設に伴う相模原キャンパス整備計画の一環で、試験栽培圃場が駐車場に転用されることから、2010年3月に第一グランド内に1,400m2の新たな研究圃場が設置さ目的とした薬用ボタンの栽培や、光条件など環境の異なるビニールハウス(64.8m2)が2棟建てられ暖地性植物や希少薬用植物などの育成にあたっています。一方、バイオガーデンは整備計画により全体の1/5に当たる樹木区約1,000m2が駐車場に変わる予定で、教育展示用の植物が減少することが否めず、今後植物コレクションの質を落さないようバイオガーデンの管理運営方法が問われています。

薬用植物園のスタッフは2013年4月に小林義典が園長に就任し、2007年4月に福田達男准教授がいわき明星大学薬学部教授に転出された川口基一郎先生の後任として着任しております。福田先生は前の職場は東京都健康安全研究センター(前東京都衛生研究所)に所属する薬用植物園で、薬務行政にかかわる生薬やケシ・アサ、違法ドラック等の鑑別を業務としておりました。また、東京都時代は自分の研究ができる自由な空気があり、生薬の基原植物に関する研究や栽培研究など貴重な体験をしており、今後も都で得た知識や技術を北里大学で生かしたいと言っております。2009年3月には牧野植物園に転出された渡辺高志助手の後任として石川寛助教が着任しております。石川先生は千葉大学大学院自然科学研究科の博士課程を修了されており、一貫して植物分類学を専門としております。

薬用植物園にはこれまで先人達が集めた貴重な植物が多数ありますが、その中で南米産のGuarana(Paullinia cupana)は種子にコーヒーの5倍のカフェインを含むことで有名ですが、この植物は北里大学のドーム温室にしかないと思います。しかも昨年一昨年と開花しております(写真)。また、緑内障の治療薬で有名なピロカルピンの原料植物で有名なJaborandi(Pilocarpus microphyllus)も大変希少な植物で、ドーム温室では旺盛に生育し毎年開花しております。その他、日本薬局方収載生薬の基原植物でも貴重なコレクションがあり、特に朮類生薬の基原植物であるオケラAtractylodes属植物は中国に自生するホソバオケラ、シナオケラ、ナンマンオケラ全てを系統保存しており、本年度から薬用植物園に配属になった学部5年生3名の特別実習(卒業論文)の研究材料になっています。研究内容は今度改正される第16改正日本薬局方では、朮類生薬の内蒼朮の基原植物について従来のホソバオケラとシナオケラの他、ホソバオケラとシナオケラの雑種植物が入ることになっています。しかし、私達の研究では雑種植物を入れることでかえって基原植物に混乱が起きる可能性があると推測しています。そのためこれまでに系統保存しているオケラ属植物を用い種間または種内の交配試験を行い、得られた雑種植物の形態や成分、遺伝子にどういう変化が起きるか見ております。