感染症予防と
治療法の未来を
切り開く

微生物学教室では、病原細菌による感染症発症の分子機構の解明をめざし研究を進めています。
また、腸管感染症においては、腸内フローラの状態が感染と深く関わることから、プロバイオティクスによる感染制御機構についても研究を行っています。

これら2つの研究テーマの成果をもとに、新たな感染症予防あるいは治療法の開発につなげていくことを目標としています。

ページのトップへ戻る