本文へスキップ
ホーム メンバー紹介 講義・実習 研究業績 研究内容 大学院生・学部生
配属ご希望の方
イメージ写真1

 

医薬品や生体物質を分析し、得られた知見を創薬につなげる。

RESEARCH

当研究室では、リポソーム製剤やペプチド製剤等の医薬品の品質確保に重要な分析法の研究を行っています。また、生体内には、性質や体内での働きがまだ十分に分かっていない物質がたくさん存在します。例えば、タンパク質や核酸を介した細胞間情報伝達に関与するエクソソームや老化等に関与するD型アミノ酸などです。当研究室では、これらの性質や体内での動き・働きを分析しています。得られた知見は創薬に役立つと期待されます。

KEYWORD

革新的医薬品 分析法、リポソーム、エクソソーム、ドラッグデリバリー D型アミノ酸

イメージ写真1

メンバー紹介

イメージ写真2

担当講義・実習

イメージ写真3

研究業績

イメージ写真4

研究内容

NEWS

2019年8月8日

2019年7月17日

脂質ナノ粒子の硬さ・変形のしづらさをより高精度に測定可能に

新しいHPを公開しました
2019年4月1日 研究室の体制が新しくなりました