Laboratory of Genomics

for Health and Longevity

News

  • 2020.11.24
  • BMC Supplementsに闘魚研究の論文「Alternative splicing plays key roles in response to stress across different stages of fighting in the fish Betta splendens」がアクセプトされました。
  • 2020.09.14
  • Scientific ReportsにヒトtDNAに関する論文がアクセプトされました。
  • 2020.06.27
  • PLoS GeneticsのWebサイトのTOPページに闘魚論文が掲載されました。
  • 2020.06.22
  • PLoS Geneticsの闘魚論文が日本の研究.comのプレスリリースに掲載されました。
  • 2020.06.18
  • PLoS Geneticsの闘魚論文がEurekAlertのNEWS RELEASEに掲載されました。
  • 2020.06.18
  • PLoS Geneticsの闘魚論文がScienceのNewsに掲載されました。
  • 2020.06.11
  • ホームページを公開しました。
  • 2020.05.05
  • PLoS Geneticsに闘魚研究論文がアクセプトされました。
  • 2020.04.01
  • 薬学部寄附講座 健康長寿ゲノム講座が開設しました。

About

日本では世界のどの国もかつて経験をしたことの無いような超高齢化社会が進行しており、加齢によって生じる疾患を予防医学的に改善することは高齢者のQOLを高めることにつながるため極めて重要な課題です。漢方は高齢者医療においても使用されているが、西洋薬の単一成分とは違って複数の生薬を混合して用いられる超複合成分系であり、その効果を構成成分の視点から作用メカニズムを解明することは非常に困難です。そこで私たちの研究室では漢方薬が遺伝子レベルでどのように作用しているかをトランスクリプトーム、メチローム、プロテオーム、メタボローム、生化学的検査データなどを組み合わせたマルチオミクス手法を用いて老化状態における漢方の効果を検証する研究を進めています。

Member

  • 特任准教授
    Project Associate Professor
  • 大島健志朗
    Kenshiro Oshima
  • 特任講師
    Project Lecturer
  • 円子顕子
    Akiko Maruko
  • 特任助教
    Project Assistant Professor
  • 松村研哉
    Kenya Matsumura
  • 秘書
    Secretary
  • 藤田敦子
    Atsuko Fujita
  • 研究補助員
    Research Assistant
  • Vũ Triệu Đức
    Trieu-Duc Vu

Publication

    2021
    2020
  1. Okada N, Oshima K, Iwasaki Y, Maruko A, Matsumura K, Iioka E, Vu TD, Fujitsuka N, Nishi A, Sugiyama A, Nishiyama M, Kaneko A, Mizoguchi K, Yamamoto M, Nishimura S.
    Intron retention as a new pre-symptomatic marker of aging and its recovery to the normal state by a traditional Japanese multi-herbal medicine.
    bioRxiv (2020) 2020.02.10.941435. doi: 10.1101/2020.02.10.941435 doi logo

    category : Japanese herbal medicine (Kampo)

  2. Iwasaki Y, Ikemura T, Kurokawa K, Okada N.
    Implication of a new function of human tDNAs in chromatin organization.
    Sci. Rep. (2020) 10:17440. doi: 10.1038/s41598-020-74499-7 doi logo PMID: 33060757 pubmed logo

    category : genomic evolution

  3. Vu TD, Iwasaki Y, Oshima K, Nikaido M, Chiu MT, Okada N.
    A unique neurogenomic state emerges after aggressive confrontations in males of the fish Betta splendens.
    bioRxiv (2020) 2020.08.05.237586. doi: 10.1101/2020.08.05.237586 doi logo

    category : fighting fish

  4. Vu TD, Iwasaki Y, Shigenobu S, Maruko A, Oshima K, Iioka E, Huang CL, Abe T, Tamaki S, Lin YW, Chen CK, Lu MY, Hojo M, Wang HV, Tzeng SF, Huang HJ, Kanai A, Gojobori T, Chiang TY, Sun HS, Li WH, Okada N.
    Behavioral and brain-transcriptomic synchronization between the two opponents of a fighting pair of the fish Betta splendens.
    PLoS Genet. (2020) 16:e1008831. doi: 10.1371/journal.pgen.1008831 doi logo PMID: 32555673 pubmed logo

    category : fighting fish

Access

  • 〒252-0373

    神奈川県相模原市南区北里1-15-1

    北里大学相模原キャンパスMB号館5F519室

    薬学部寄附講座 健康長寿ゲノム講座

    042-778-7108

    Laboratory of genomics for health and longevity, Endowed chair, School of pharmacy, Kitasato university

    Room519, 5F, MB Bldg., 1-15-1 Kitasato, Minami, Sagamihara, Kanagawa 252-0373, Japan

    +81-42-778-7108

Source : Screenshot of PLoS Genetics website (Jun/25/2020)
URL : https://journals.plos.org/plosgenetics/

朝日新聞朝刊(2020/07/30付,科学面)に掲載。
朝日新聞社に無断で転載することを禁じる。

二次利用(複製・転載等)承諾番号「20-2846」