学年、学科を問わず研究に興味のある方、衛生化学という分野を詳しく知りたい方はいつでも歓迎します。ホームページだけでは分からない衛生化学教室の魅力を、ぜひ研究室見学で感じ取って下さい。

 基本的に研究室は常にオープンです。職員または大学院生が対応します。職員は出張等で在室していない場合もあります。事前に連絡してから来て頂ければ十分な対応が出来ます。

 

学部学生の皆さんへ

気軽に教室見学に来て下さい。

Sch. of Pharmaceutical Sci.

衛生化学教室

北里大学薬学部・大学院薬学研究科

Kitasato University

Lab. of Hygienic Chemistry

教授からのメッセージ 〜研究室の配属を希望する学生へ〜
 当たり前ですが研究室では「研究」を行うことになります。研究はこれまでの実習とは全く異なります。実習は結果が分かっていて,その結果にならない場合にはどこか手順が間違っていることは明らかです。研究は分かっていることは目的としません。自然界の分からないことを明らかにするのが研究です。大げさなことを言えば,世界で初めて一つのことを明らかにできる作業であることを十分認識して下さい。
 研究室はミニ社会と考えて下さい。そこではスタッフ、学生がそれぞれ集団の一員として、ルールのある時間を過ごしています。皆さんは多くの上級生、同級生、下級生と同じ空間を共有することになります。研究室ではこれまでの学部生活では経験しなかった、仲間意識が生まれ、その絆は大学生活をより豊かにするでしょう。

教授からのメッセージ 〜研究室の配属を希望する学生へ〜

 当たり前ですが研究室では「研究」を行うことになります。研究はこれまでの実習とは全く異なります。実習は結果が分かっていて,その結果にならない場合にはどこか手順が間違っていることは明らかです。研究は分かっていることは目的としません。自然界の分からないことを明らかにするのが研究です。大げさなことを言えば,世界で初めて一つのことを明らかにできる作業であることを十分認識して下さい。

 研究室はミニ社会と考えて下さい。そこではスタッフ、学生がそれぞれ集団の一員として、ルールのある時間を過ごしています。皆さんは多くの上級生、同級生、下級生と同じ空間を共有することになります。研究室ではこれまでの学部生活では経験しなかった、仲間意識が生まれ、その絆は大学生活をより豊かにするでしょう。