研究内容

 生化学、分子生物学、発生工学的手法を駆使し、生物の酸化ストレス消去機構および酸化ストレスによる細胞機能調節の解明を目指しています。


研究室の方針

 オリジナリティー(独創性)の高い研究を展開すること、目先の現象に捕らわれず、本当に明らかにしなければならない本質的な問題を常に意識しながら研究に取り組むことを目指して研究を行なっています。また、大学院生には、”論理的な思考力”、”適切な状況判断力”、”他の学生や職員とのコミュニケ−ション能力”など、社会生活において必要なチカラを身に付けてもらうことも大切であると考えています


過去の修士論文のテーマ


修了後の進路・就職状況


 他大学から当研究室の見学を希望される方は事前にご連絡下さい。日程を調整した上で、研究室見学・研究内容の説明を行ないます。ホームページだけでは分からない衛生化学教室の魅力を、ぜひ研究室見学で感じ取って下さい。


■重要■

 大学院生として衛生化学教室に参加することを希望する方は、内部進学・外部進学を問わず、あらかじめ今井まで連絡の上、大学院薬学研究科の入学試験を受験して下さい。


入学試験日程等は下記を参照して下さい。

(大学の入学案内へのリンク。)

・修士課程

・博士課程


連絡先

北里大学薬学部 衛生化学教室

教授 今井浩孝

Tel; 03-5791-6235

E-mail: imaih@

@以降はpharm.kitasato-u.ac.jpです。

大学院生の募集

衛生化学教室では、熱意を持って研究に取り組める学生を

募集しています。

Sch. of Pharmaceutical Sci.

衛生化学教室

北里大学薬学部・大学院薬学研究科

Kitasato University

Lab. of Hygienic Chemistry