岐阜県の長良川国際会議場でセレン、テルルの化学国際会議が行われました。この学会の主な内容は化学合成などですが、会頭の村井先生が、生化学、物理化学でのセレン、テルルの応用も含めた異分野交流を考え、セレンタンパク質の生化学者である今井教授が講演演者として招待されました。24日には海外のポスター発表の審査も担当され、24日に30分の招待講演を行いました(講演タイトル:「GPx4 Depletion Induced Novel Lipid Peroxidation Dependent Cell death and Disease」)。多くの質問も出て非常に興味深い学会となりました。






新しい記事        履歴一覧へ        古い記事

 

研究室の様子

2016年5月26日

今井教授がThe 13th International Conference of the Chemistry of  Selenium and Tellurium(ICCST-13)で招待講演を行いました。


Sch. of Pharmaceutical Sci.

衛生化学教室

北里大学薬学部・大学院薬学研究科

Kitasato University

Lab. of Hygienic Chemistry